七五三お祝い着選び

お子様の健やかな成長を願い、祝う通過儀礼「七五三」

七五三とはお子様の健やかな成長を祈る通過儀礼です。
その歴史は江戸時代1600年代に遡るといわれております。
七五三詣りは11月15日に行うとされておりますが、現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土・日・祝日に行なうことも多くなっております。
女の子は三歳と七歳。男の子は五歳でお詣りするのが一般的でございます。

ご家族様の思い出に残る「記念日」にもなりますので、ご家族ご親戚様が集まれる日程をお選び頂くのがよろしいと存じます。

当店では三歳、五歳、七歳、それぞれの年齢に合わせたお祝い着を豊富に取り揃え、皆様のご来店をお待ちしております。
呉服専門店だからこそご提供出来る、安心してお召し頂ける晴れ着で、大切なお子様の晴れの日をお祝いしましょう。

三歳のお祝い着選び

古来より続く風習として存在した髪を伸ばし始める儀式「髪置き」が起源となっている三歳女児のお祝い。
言葉を理解し始めるのもこの頃という事で、お子様の健やかな成長を祈り、お祝いします。
可愛いお嬢様の通過儀礼を被布と三つ身の晴れ着で着飾り、ご家族様皆様の思い出として大切に過ごして頂ければと思います。

三歳のお祝い着

三歳のお祝い着のご紹介

五歳のお祝い着選び

この儀式から男の衣服である袴を着け始めたという「袴着」が起源となっている五歳男児のお祝い。
知恵つく五歳という事で、お子様の健やかな成長を祈り、お祝いします。
元気に、力強く、スクスクと成長するお子様の今後の更なる成長を凛々しい紋付羽織袴姿で着飾り、お祝いください。

五歳のお祝い着

五歳のお祝い着のご紹介

七歳のお祝い着選び

付け紐を除き、帯でしめる着物に替えるという装い始めの「帯解き」が起源となっている七歳女児のお祝い。
乳歯が生え変わる七歳という事で、お子様の健やかな成長を祈り、お祝いします。
本裁のお着物に肩揚げをしてお召し頂く七歳のお祝い着。
お洒落に興味を持ち始めるのもこのお年頃なので、お嬢様はもちろんご家族様皆様でお洒落なコーディネートをお選びください。

七歳のお祝い着

七歳のお祝い着のご紹介