着物のメンテナンス

仕立直し

裄丈や身丈、袖丈など、寸法はお召し頂く方に合っている方が着姿も美しく見えるものです。
お母様から引き継いだお着物など、寸法が合わずお召し頂けない場合は仕立ててある着物を解き、お召し頂く方の寸法に合わせて縫い直す事で解決致します。

※着物の状態によっては仕立て直し、寸法直しが出来ない場合もございます。


丸洗い

着物全体の汚れをスッキリ綺麗にしてくれる丸洗い。
丸洗いで落ちるものは、付いたばかりの汚れや、油性の汚れです。
丸洗いをしても残った汚れは別の処置が必要となります。
お召しになってからまたしばらく着ない場合にお勧めのお手入れ方法です。


シミ抜き

シミや汚れといってもトラブルの原因は様々です。
症状にあわせた専門的な技術で対応致します。


洗い張り

本仕立てのきものを解き、洗剤を用いて水洗いをし汚れを落とす着物の伝統的な洗濯法です。


着物のお手入れ

着物は何十年でも着ることができる衣装です。しっかりとお手入れをし、大切に扱えば孫の代まで受け継ぐことが可能です。
着物を長持ちさせるお手入れや収納方法をご紹介致します。

着た後のお手入れ

湿気やシワをとる
湿気をとってシワを伸ばすために、着物を脱いだら着物用ハンガーに掛けて一日ほど吊るしておきます。
ただし、長く吊るし過ぎると生地が延びて、裾が袋状になったりするので気をつけましょう。
染みをチェックします。
着物にシミや汚れがある場合、できるだけ早く専門の染み抜き屋さんや着物屋さんにもっていきましょう。
シワがとれずアイロンを使用する場合は、スチームアイロンではなく、ドライアイロンにするか、あて布を使用します。
スチームは着物が縮むことがあるので、絶対にドライアイロンを使用して下さい。
キレイにたたんで収納
湿気・シワがとれたら、たとう紙に入れて収納します。
ビニールは通気性が悪く生地を傷めてしまう可能性があるので、避けましょう。
包んだ着物は浅めの衣装箱に収納します。
着物の収納には虫などを寄せ付けにくく防湿効果に優れた桐タンスが最適です。
防虫剤は着物に直接触れないようにして、衣装箱の上の方に置きます。
防虫材にも種類があります。着物に適した防虫剤の販売も行っておりますのでご相談ください。
虫干しの仕方
時期:10月~11月、2月~3月
乾燥した天気のいい日に窓を少し開け、風通しが良くて陽があたらない場所に、着物ハンガーなどに着物を一枚ずつ裏返して掛けます。
晴天が2日以上続いた時の10:00~15:00の間がベストです。
物の点検を行います。シミ、カビなどがある場合はできるだけ早く、専門店などにもっていきましょう。そのまま置いておくと取れなくなるかもしれません。

お手入れのアイテムも取り揃えております。